2018年4月3日火曜日

春の全国模擬試験に向けて(中学生編)

前回は小学生の模擬試験に向けての取り組みをお伝えしましたが、本日は中学生の取り組みについて、書きたいとおもいます。学心塾は各校舎ごとに配属されている専任の講師がその校舎のお子様たちを担当します。時間講師には演習時間等を任せたりもしますが、基本的には専任の講師が子どもたちの学力向上の指揮をとります。
また、学心塾の各校舎ごとに色が違い専任の講師によって取り組ませ方が違うところが強みです。その地域の中学校や小学校のレベルを見ながら、やり方や扱う教材も少しずつ違います。それこそ、指揮するという風に書きましたが指揮者が振るうタクトのように、導き方がそれぞれ違い、終着点は同じという形を取っています。お子様たちも十人十色、学校も多種多様なのですから、こういった指導をするのは当たり前かもしれませんね。
そこで、螢田校では模擬試験の模擬として春期講習中に課題として去年度の模擬試験を5科目全て解かせています。
模擬試験前ということもあり、生徒が個別に自分の勉強を黙々と進めています。
中学1年生は初めて5科目模擬試験ということもあり、今日は英語の模擬試験の練習を行いました。初めてのリスニングテストに戸惑う一面もあり、明日の本番に向けて非常に良い対策になったのではないかと思います。中学2年生には数学の模擬試験の解き直しを指示、方程式の文章題等々、比例反比例も忘れてしまっていることが多く復習するのに良い機会だったのではないでしょうか。中学3年生は5科目模擬試験の意味を確認。今までの模擬試験とは自分たちにとっての位置づけが違うことを意識させ、5科目の問題演習に移りました。みな、各々に弱点が違うので質問も多岐にわたります。もちろん教科も横断型ですのでこっちでは英語、あっちでは数学、向こうでは理科っと・・・・質問対応に追われる一日でしたが、非常に有意義な時間だったと思います。その中でも春期講習内で学習した現在完了の継続用法の確認テスト、数学の因数分解のまとめテストを実施しているので、かなりの分量をこなしています。これが中学3年生になるということです。学心塾の中学3年生にはかなりの量の勉強を毎年課します。もちろん、消化不良にならない様に、終わったものから順に量を増やしてく形式を取っています。みんなで競って頑張れる環境が整ってきた新3年には期待をしています。とは言え、どの学年のお子様たちも非常にまじめで素直な子ばかりです。しっかり前を向いて一緒に歩んでいきたいと思います。

~★4月無料体験募集中★~

中学生の人数も確定いたしましたので、定員を記載いたします。

各学年定員制です。定員に達し次第、募集を停止いたします。
お早めにご検討ください。

4月3日 時点での小学生定員↓

小学3年生・4年生 → 各学年5名ずつ募集
(小学3年生、4年生の授業料は無料です。ただし、今年いっぱいで終了します)

小学5年生 → 3名のお座席が確保できております。

小学6年生 → お座席に若干の余裕がございます。

中学1年生 → 3名募集

中学2年生 → 4名募集

中学3年生 → まもなく募集停止

随時、定員数の変更は当ブログにて告知して参りますので、ご確認ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿